【インプレ】釣りに最適なバッグ ストリームトレイルを1シーズン使用してみて【レビュー】

タックル

海釣りを本格的に始めるにあたり、防水バッグの購入を長い間検討していました。

釣具メーカーのバッグはデザインは良いけれども、

「防水機能、収納容量で納得のできるバッグ」がなかなか見つかりませんでした。

そこで釣具メーカーのバッグではなく、

釣りに使えるバッグと言うように少し視野を広げて調べてみたところ

防水バッグとして評判がとても高いストリームトレイル DRY TANK 40L D2が自分の釣りには一番向いていそうでした。 

ストリームトレイルDRY TANK 40L D2を磯釣りで1シーズン使用しましたので、レビューしたいと思います。

ストリームトレイル DRY TANK 40L D2の基本スペック

サイズ : 幅33×奥行28×高さ56cm

素材 : ターポリン、ポリエステル

肉厚なターポリン素材で覆われていることもあり、基本的に外から水の侵入を許さない作りとなっています。

https://store.streamtrail.tokyoより引用

カラーは6種類と豊富です

https://store.streamtrail.tokyoより引用

釣りに使う様々な道具を入れますが、大きすぎず、小さすぎないサイズ感となっています。

私の場合、ロックショア(ショアジギング・ショアプラッギング)での釣りに使用しています。

その釣りでバッグに収納している道具は、

・ルアーケース(トップウォータープラグ)

・ルアーケース×2(シンキングペンシル・ミノー)

・ジグケース

・ミニバッグ(リーダー・フック・リングなど備品)

・大型リール×2個

・ペットボトル2L

・ストリンガー

ロックショアの釣りで必要最低限の道具は全て収納することができます。

購入してから気がついたことですが、

ダイワのミニバッグL-1(B)はこのバッグにぴったりと収まるサイズになっています。

バッグのショルダーストラップにはチェストストラップ、腰部分にはウエストベルトが搭載されており

バッグのズレやそれに伴う振れ、ショルダーストラップの食い込み防止の役割を果たします。

山道や磯場を歩く時にバッグがしっかり体に固定されていないと、

歩行バランスを崩してしまう可能性がありとても危険です。

ストリームトレイル DRY TANK 40L D2の防水・耐久性

開口部分は防水加工を施したフラップをロールダウンすることにより高い防水性能を発揮しています。

1シーズンこのバッグを磯で使用してきましたが、開口部分から浸水は1度もありませんでした。

ターポリン素材の防水性能がとても高いバッグなので

内部に濡れたものを入れた際や、バッグを丸ごと水洗いした時に、

溜まった水を抜くことができるドレインプラグが付いていることはとても便利です。

私が釣りで通っている磯場は、

鋭く尖った岩や、表面がザラザラとした岩がそこら中に広がっている場所になります。

そんな岩に必ず接地する底面ですが、

細かい傷は多く見られるものの、裂けたりするような致命的な傷はありませんでした。

バッグの底の強度が弱いと、

その裂け口から荷物がこぼれ落ちたり、浸水の原因になることがあるので、とても重要な要素になります。

釣り竿(ロッド)の収納もできる便利バッグ

ストリームトレイル DRY TANK 40L D2にはバッグの両サイドにサイドベルトが付いてます。

このベルトを釣りでなんとか活用できないか考えました。

その結果、ロッドホルダーとしての役割が担えることに気が付きました。

写真のようにリールを付けロッドを束ね装着することにより、両手が空き自由に使えます。

両手が自由に使えると、ポイントに辿り着くまで険しい道を通ることがありますが、より安全の確保と機動力が上がります。

総評

1シーズン、ストリームトレイル DRY TANK 40L D2を使用してみて、防水、耐久性、収納力において不満はありません。

今まで防水性能を推しているバッグをいくつも購入しましたが、期待通りではなくお金を無駄にしてしまいました。

初めからストリームトレイルを購入すればよかったと後悔しています。

ストリームトレイル DRY TANK 40L D2には内部に仕切りやポケットが付いていません。

小物を収納する際にはケースなどにまとめて入れる必要がありますが、

その分自分の釣りに合わせたカスタムができ、自由度が高い点はメリットになります。

エギングでおすすめのエメラルダス タクティカル バックパック(B)のインプレはこちらから↓

【インプレ】エギングで活躍するバッグ エメラルダスタクティカルバックパック(B)を使用してみて
アオリイカを釣ったら、鮮度を保持して持ち帰り美味しく頂きたい。 私がエギングをする一つの目的が、釣ったアオリイカを美味しく食べることです。 釣行の時に、釣ったイカの鮮度低下を防ぐ為には、「保冷すること」もしくは「生かしておくこと」になります。 特に暖かい時期のエギングは保冷バッグやスカリの準備をすると、自然に荷物が多くなってしまいます。 そんな時に保冷機能があり、スカリ・エギなどの道具をひとまとめに収納できるバッグをエギングで必要としていました。 そこで選んだバッグがエメラルダス タクティカル バックパック(B)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました