【実釣インプレ】アピア タフネススパイラルコード【最強コード】

タックル

釣り竿やリール以外にフィッシュグリップやプライヤーといった道具も、釣り場で必ず必要になります。

海釣りを始めた当初、フィッシュグリップで釣った魚をつかむ際に、手を滑らせてフィッシュグリップを海に落としてしまった経験をしたことがありました。

魚を釣った喜びよりもフィッシュグリップを失ったことの方が印象に残る釣行になってしまいました。

同じ失敗を避けるために、フィッシュグリッププライヤーにはフローティングベストやバッグに取り付けるスパイラルコードを採用することにしました。

アピア タフネススパイラルコードは、名前の通りとても強度があり磯釣りで活躍してくれましたのでレビューします。

タフネススパイラルコードの基本スペック

https://www.apiajapan.com/sp/product/equipment/より引用
基本スペックショートロングスーパーロング
全長(収納時)85mm 165mm250mm
全長(使用時最大)800mm1500mm2300mm
本体破壊強度 70キロ70キロ70キロ

破断強度が高いだけではなく、サビの発生を抑えるステンレス・ケブラー仕様となっており海釣りでも活躍してくれます。

使い方

道具を取り付ける側は、金具の付属がありませんので、キーリングなどで取り付ける必要があります。

磯釣りで使うボガグリップ、プライヤーには全てアピア タフネススパイラルコードを取り付けています。

強度

基本スペックで本体破壊強度は70キロとなっています。

大漁にヒラスズキを釣った時にストリンガーを車に忘れてきてしまいました。

代わりにボガグリップに取り付けていたアピア タフネススパイラルコードを代用して車まで計5匹約10kgを持ち帰ることがありました。

後で代用したタフネススパイラルコードを確認すると、コードが伸び切ることなく元通り収縮していたことにとても驚かされました。

総評

アピア タフネススパイラルコードは名前の通り高強度でとても信頼できる製品でした。

実釣で約10キロの負荷を加えても、元通りに戻るコードは他にありません。

私と同じように釣り道具を水中に落としてしまった経験のある方や、高強度のコードを望まれている方には長く使用できるお勧め製品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました