ダイワ 19セルテートLT 5000D-XHを素人が1年使用してみて【実釣インプレ】

タックル

2019年秋に発売された19セルテートLT 5000D-XH。

ハンドルノブはSLPワークス アルミラウンドノブMに変更

この機種のインプレがそもそもとても少なく、

中〜大型魚とファイト経験の情報に関しては見つかりませんでした。

釣具の記事に関して、ファーストインプレッションはよく目にするけれども

その後、素人が使用してどうだったかの情報は少なく

そうした情報はとても貴重だと思います。

約1年間、様々な釣りに使ってみたのでレビューしたいと思います。

購入動機

私が19セルテートLT 5000D-XHの購入に至った理由としては

磯の過酷な状況で釣りをする上で

①所有している19セルテートLT 4000-CXHで剛性・防水性を実感していた

②磯のヒラスズキ・ライトショアジギング兼用で不意の中〜大型青物にも対応できること

です。

基本スペック

ダイワのHPによると、

・モノコックボディ:アルミ製、巻上げ効率16セルテート比15%UP

・ストッパーレバー排除:防水性UP、軽量化貢献、逆転に強い

・商品詳細ギア比:6.2

・自重(g):295

・最大ドラグ力(kg):12

・標準巻糸量ナイロン(lb-m):14lb-260m、20lb-170m、25lb-150m

・標準巻糸量PE(号-m):2.0号-350m、2.5号-300m、3.0号-210m

・巻取り長さ:105cm

・ベアリング(ボール/ローラー):10/1

・ハンドルアーム(mm):65

・ハンドルノブ仕様:EVラージ

https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/certate/lineup.html

となっています。

実釣 カンパチ

青物の中で特に引きが強いと言われているカンパチですが、

ショアジギングで水深20m、約100m先でかけた良いサイズのヒレナガカンパチ、

別の日に釣りあげた本カンパチも

何回も根に突っ込もうとしましたが、

立ち位置だけ注意してゴリ巻きで寄せて無事にキャッチすることができました。

他の青物ワラサ、ブリでしたらファイトにより余裕がもてます。

実釣 ヒラスズキ

根の多いポイントでかけた70cmオーバーですがゴリゴリ巻けて

直ぐに魚を浮かせることができファイトに余裕がありました。

根の多いポイントで時間をかけてのファイトは

エラ洗いや磯際でのラインブレイクの要因にもなります。

実釣 サワラキャスティング

全国的に近年盛り上がりをみせている、サワラキャスティングでもLT 5000D-XHは、

PE2号〜2.5号が300m巻けて大型サワラにも対応できること

巻取り長さがハンドル一回転で105cmと高速巻きに対応していること

以上のことから地域問わず活躍が期待できます。

19セルテートLT 4000-CXHとの使い分け

左がLT 5000D-XH 右がLT 4000-CXH

LT 5000D-XHは小型スピニングリールの中でも剛性を売りとしていて

特にアルミ製モノコックボディでドライブギアの直径38mmということが大きなメリットとなっています。

ボディが高剛性ということで巻き上げ時の歪みが少なく

大きなドライブギアを搭載しているので

ショアジギングで上記のようなカンパチ相手にでもトルクフルな巻き上げを実現しています。

やはりある程度パワーが必要な釣りに使用しています。

またPE2.5号300m巻ける点も気に入っています。

ライントラブルによりPEラインを例えば100m失っても残り200mで釣りを続けることができるためです。

磯のヒラスズキ釣りではLT 5000D-XHとLT 4000-CXHを両方使います。

根が多い、青物が混じるポイントでは1回転の巻き取り量、PEラインの太さを考慮してLT 5000D-XHを使用するようにしています。

風が爆風、根が少ないポイントで少し繊細さを求める釣りをするような状況ではLT 4000-CXHを使います。

因みにダイワのHPによると

LT 5000D-XHは

オススメの釣り・ショアキャスティングゲーム、ライトジギング、ヒラスズキ

https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/certate/lineup.html

LT 4000-CXHは

オススメの釣り・シーバス、サーフ、ショアジギ、ロックフィッシュ(沖磯)、SLJ、サクラマス

https://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2019ss/certate/lineup.html

となっています。

総評

私の地域では魚影が薄いため

1度のヒットで1日の釣果が決まることが多々あります。

19セルテートLT 5000D-XHは

小型スピニングリールの中でも中〜大型サイズの魚と対峙でき

厳しい状況でも獲りたかった魚を確実に連れてきてくれるリールでした。

購入して本当に良かった機種と言えます。

精密機械なので個体差はありますが、ドライブギアや巻き心地に違和感はなく

水洗いと簡易メンテナンスで、購入初期に近い巻き心地は長く続きます。

19セルテートLT 5000D-XHと21セルテートSW5000の使い分けはこちらから⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました