【実釣インプレ】スタジオオーシャンマーク オーシャングリップ2507Newbieを2年使ってみて

タックル

フィッシュグリップの用途は

魚へのダメージを必要最小限に抑えること

暴れる魚を抑えてフックを安全に外すこと

魚の鋭い歯や背びれ、エラに触れず安全に持つこと

であり、そのことはボガグリップ30lbの使用経験で実感していました。

ヒラスズキやハタのルアーフィッシングでは、1日中磯を歩き回ることがあります。

このような釣りにおいては、身に着ける道具を軽量化した方が釣り人にかかる負担は少ないです。

フィッシュグリップに関してもより軽量なものを検討していました。

軽量であることに加えて

必要十分な強度・耐久性

デザイン性

この条件を満たしたスタジオオーシャンマーク OG2507Newbie

約2年間、ヒラスズキやハタのルアーフィッシング、ライトショアジギングに使用して使い勝手が良かったのでレビューしたいと思います。

スタジオオーシャンマーク オーシャングリップ  OG2507Newbieの基本スペック

全長・254mm

重さ・162g(※マットグレー177g)

カラー・マットロイヤルブルー、マットレッド、ショットブラック、マットグレー

グリップ素材・アルミニウム(※マットグレーのみステンレス)

SPOOL
http://studio-oceanmark.com/products/grip/og2507/より引用

カラーラインナップは4種色と豊富です。

魚を掴むアーム部分はのアルミニウムとなっています。

アルミニウムはステンレスの約1/3の比重なので、同型のアーム部分がステンレスのものと比べると軽い仕様となっています。

キーリングやコードを付けられる仕様となっており、

フローティングベストやベルトなどにつないでおくと紛失の心配がなくなります。

OG2507Newbieの特徴のひとつとしてアームとハンドルの間が回転することです。

掴んだ魚が暴れてもこの部分が回転することで、力が分散され、魚の口切れ防止や釣り人への負荷が軽減されます。

またこの回転部分には計量メモリが収納されています。

OG2507Newbieはキロ表記で7kgまでの魚が一目で簡易計測できる仕様となっています。

日本の会社の製品ですので、ポンド表記ではなくキロ表記であることは一目で確認できわかりやすいです。

2年使ったOG2507Newbieの強度・耐久性

アーム部分はアルミニウム製となっています。

購入当初はステンレス製高強度のボガグリップより素材の特性上強度に若干の不安がありました。

しかし、1日にヒラスズキを何匹も掴むことや不意に磯で岩にぶつけてしまう機会が何度かありましたが、

アームや本体の変形・破損はありませんでした。

毎回釣行後は水洗いのみのメンテナンスでしたが、アームの接続部分のサビやそれに伴う、動きの悪さはなく快適に使用できます。

キーリング・コードを付ける箇所は金属製となっており、

岩にぶつかったことによる多くの小傷が見られますが割れるような破損はしていませんでした。

オーシャングリップ OG2507Newbieを選んだ理由

スタジオオーシャンマークのオーシャングリップは種類がとても豊富です。

その中でOG2507Newbieを選んだ理由は、

ランガンスタイルの釣り

狙う対象魚種が合ったためです。

冒頭でも記載しましたが、1日中魚を探して磯を歩き回ることがありますので、より軽量なフィッシュグリップを探していました。

またその釣りで狙う魚は、

ヒラスズキ、シーバス、ハタ、ライトショアジギング(イナダ、ショゴ、サゴシ、サバなど)になりますので、

このサイズの魚種に十分対応できるフィッシュグリップがOG2507Newbieでした。

ヒラスズキ、シーバス、ハタ、ライトショアジギング対象魚に使いやすいOG2507Newbie

OG2507Newbieのアーム先端は細くなっています。

大型魚を掴むときには印箇所に重量が集中し、魚の下アゴを貫通してしまう可能性があります。

リリース前提の釣りの際には魚にダメージを与えないよう注意が必要です。

一方で、小型のシーバス、ハタ、イナダ、ショゴ、サゴシ、サバ、タチウオなどは口が小さいので、

細いアームの先端が魚の口に入りやすく、簡単に掴みやすいというメリットがあります。

総評

スタジオオーシャンマーク OG2507Newbieを購入した当初は、

「軽い=壊れやすい」というイメージが少なからずありました。

しかし、磯で2年間何匹もの魚を掴み酷使してきましたが壊れませんでした。

安かろう悪かろうで販売されているフィッシュグリップの中には

魚をうまく掴むことができなかったり、グリップ力が弱く逃してしまうものも存在します。

せっかく釣り上げた貴重な魚が手元からいなくなってはとても悲しいです。

スタジオオーシャンマーク OG2507Newbieはフィッシュグリップの中では高価な部類になりますが、

2年間の使用で掴んだ魚を逃してしまったことはありません。

実釣での使用経験から特にヒラスズキ、シーバス、ハタ、ライトショアジギング、ライトジギングなどの釣りをする方には、

おすすめのフィッシュグリップとなっています。

スタジオオーシャンマークのフィッシュグリップは、万が一壊れてしまってもアフターサービス(修理・オーバーホール)がありますので、長期間使用することが可能です。

一生モノのフィッシュグリップ ボガグリップ30lbのインプレはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました