【釣具買取評判】ウェイブで無料の価格査定を体験してみた【大型釣具にもおすすめ】

タックル

最初にはじめた海のルアーフィッシングはタイラバでした。

タイラバを始めるにあたり、全て自分の道具でやってみたい気持ちで思い切って道具を一式揃えました。

当時は初心者でしたが、釣具は値段が高ければそれに応じて高機能であると認識していたので、

リールはダイワ 紅牙 TW 4.9L-RMを購入しました。

しかし、釣りにハマるにつれて、ショアジギングやヒラスズキ、エギングの釣りがメインとなり、

最近はタイラバに行く機会がほとんどなくなってしまいました。

良い道具を持っていても使わなければ意味がありませんし、

タンスの肥やしになるのであれば使っていただける方のもとへと思うようになりました。

釣具の売買に関して、メルカリやヤフオクを以前使用したことがありましたが、

購入者とのやり取りや手続き(梱包や発送)に手間を感じていたので、

釣具買取専門のウェイブで無料価格査定を申し込んでみました。

釣具買取専門ウェイブの3つの特徴

釣具に特化した買取店を、関東、大阪、愛知、福岡に8店展開。(2021年現在)

店頭や他の買取店ではあまり見かけない出張買取で調達した釣具を、ヤフオクで販売しています。

買取りでは、リールやロッド、ルアーなど小物を3点以上まとめ売りすると、査定額がアップするサービスを実施している釣具買取専門事業者です。

また特徴として、

①最短当日可能な出張費用無料の買取

②店頭持ち込み買取

③送料・宅配キット無料の宅配買取

基本的に費用負担がかからないことが大きな特徴ですので、はじめての方でも気軽に買取打診しやすいです。

ウェイブで無料メール査定を体験‼︎

無料メール査定ですと、上記の項目だけの入力になりますので、2〜3分程度で完了します。

ホームページには査定時間30分となっていましたが、入力確認メールが届いてから約20分ほどで査定金額が届きました。

気になる査定金額は、、、

今回、ウェイブではダイワ 紅牙 TW 4.9L-RMの査定金額は11,000円になりました。

メルカリ・ヤフオクでの買取価格比較

ウェイブでの査定金額は11,000円したが、メルカリやヤフオクでの最近の販売実績が気になり確認してみました。

直近の同程度の状態のリールの実績は17,000円前後でした。

しかし、メルカリやヤフオクは手数料が10%引かれますので、

17,000円−1,700円=15,300円

さらに出品者負担の送料が梱包の大きさで決まります。

ダイワ 紅牙 TW 4.9L-RMの場合ですと、60サイズ相当ですので700円かかります。

15,300円-700円=14600円

梱包の箱や包装代を入れると実際には14,000円くらいが手元に残ると考えられます。

ウェイブとの差額は14,000円-11,000円=3,000円です。

この差額を大きいと思うか少ないと思うかは個人差がありますが、

ウェイブの場合は、

すぐに現金化できること

梱包準備や購入者とのやり取りの手間がなといったメリットがあります。

大型釣具買取(釣竿、クーラーボックス、タックルボックス)もおすすめ

無料メール査定を体験して感じたことが、

特に大型釣具にはこのサービスは適しているということです。

釣竿、クーラーボックス、タックルボックスなどは、メルカリやヤフオクでは出品者負担の送料がものによっては数千円と、

とても大きな負担となりますのでリールなどの小物と比較して気軽に売ることが難しいです。

また、これらの大型釣具に関しては梱包する箱やケースの準備も手間がかかります。

店頭の釣具買取店に持ち込むことも釣具が大きくなれば大きくなるほど苦労します。

ウェイブで無料メール査定をして、許容できる査定金額であれば出張買取制度を利用するとその負担はなくなります。

〈大型釣具も無料メール査定のウェイブのリンク〉

釣具買取専門店 ウェイブ

総評

今回はじめて釣具の価格査定を体験してみて、釣具を売る際に、何を重視するかということを考えさせられました。

日々忙しく時間がない

梱包や購入者とのやり取りが手間

大型釣具をどうにかしたい

すぐに現金が欲しいというような方にはとても向いているサービスです。

一方で、手間・時間がかかっても自分の納得した価格で売りたいという方にはメルカリやヤフオクが向いています。

しかし、道具によってはメルカリやヤフオクより査定金額が高くなる可能性がありますので、一度無料メール査定をしてみる価値はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました