リール

タックル

【レビュー】21セルテートSW6000HのSLPカスタム・1stインプレッション

待ちに待った21セルテートSW 6000Hがついに発売されました。 21ツインパワーSWと購入を迷いましたが、19セルテートLT4000CXHやLT5000DXHで、 フルメタルモノコックボディの剛性とパワーを実感していましたので、 6000番サイズもセルテートを購入することにしました。 地磯でのショアジギングが活躍の場になる予定で、 シーズンに不満なく使えるようにと思い、購入してすぐに使いやすいようカスタムしました。
タックル

【実釣インプレ】ダイワSLPWアルミラウンドノブに交換してみて【おすすめハンドルノブ】

先日の釣行でアカハタを釣った時に使用したリールは、父親から譲り受けた10セルテートでした。 所持している19セルテートは、ヒラスズキや青物を狙うパワースタイルとして、 握りやすく滑りにくいダイワSLPWアルミラウンドノブに交換していました。 しかし、10セルテートにおいては、備え付けのT型ノブのままであったために良型のアカハタを巻いてくるとき、 力をこめた瞬間に手を滑らせてしまい、ラインをうまく巻くことができず、危うく根に潜られてしまう可能性がありました。 ハタ類やヒラスズキ、カンパチに関しては根に突っ込んでいく特徴がありますので、 魚をかけたら1秒でも早く海面に浮かせる必要があります。
タックル

ダイワ 19セルテートLT 5000D-XHを素人が1年使用してみて【実釣インプレ】

2019年秋に発売された19セルテートLT 5000D-XH。この機種のインプレがそもそもとても少なく、 中〜大型魚とファイト経験の情報に関しては見つかりませんでした。 釣具の記事に関して、ファーストインプレッションはよく目にするけれども その後、素人が使用してどうだったかの情報は少なく そうした情報はとても貴重だと思います。 約1年間、様々な釣りに使ってみたのでインプレをしたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました